HOME > 

WeBRAND[ウェブランド]の強み

point

WeBRAND[ウェブランド]の強み

課題の解決に向けた企画力、
デザイン力が最大の強みです。

WeBRAND[ウェブランド]には、Webサイト制作の中心となるWebデザイナーのほか、ステートメントやブランドストーリー開発に携わるコピーライター、デザインの表現力を最大化するグラフィックデザイナー、そしてクリエイターを統括するクリエイティブ・ディレクター、アートディレクターなど、多職種が在籍。プロジェクト毎に職種を交えたクリエイティブチームを結成し、アイデアを持ち寄ることで、本質的な企画をご提案することができます。

paddle design company チーム体制

無から有を生み出す、
クリエイティブチーム。

つくるクリエイターではなく、
考えるクリエイターとともに。

「知りたい」と「伝えたい」をつなぎ、
生活を豊かにする
ブランドデザインを追求する。

mission

企業・商品・サービスなど、リアルだけでは伝えきれないことをWebで伝えていくこと。口頭では伝えきれないことを、言葉にして伝えていくこと。言葉だけでは伝えきれないことを、音や映像を交えて伝えていくこと。WeBRAND[ウェブランド]は、「知りたい」と「伝えたい」の双方向の思いを、Webを介してインタラクティブに伝えていくためのブランドデザインを行います。デザインが消費者と企業の期待に応えられていれば、日々の生活は豊かになり、消費は活性化します。だからこそ、私たちはWebサイトでのブランドデザインを追求していくのです。

SERVICE

綿密な3C分析から市場の機会を見出し、
ブランドのあるべき姿へと導きます。

positioning/targeting

Webサイト制作におけるブランドデザインとは、ブランドを魅せるだけのデザインではなく、ユーザエクスペリエンス(UX)にも配慮したデザインであることが必要不可欠です。ユーザーがWebサイトを介し得た体験が、そのままブランド・ロイヤルティへとつながることから、「誰に、何を、どのように」伝えるのか、自社のポジショニングとターゲット・セグメントを策定し、誰にでも好かれるのではなく、ターゲットに届き、響くブランドデザインをしていきます。

WORKS

ブランディングに向けたブランドデザインで、
投資対効果の最大化を図ります。

cost performance

Webサイトやパンフレット、商品パッケージなどのデザインが変われば、製品・サービスの見られ方が変わり、企業価値が変わります。また、接客・応対などのホスピタリティ・デザインが変われば、意識が変わり、企業マインドが変わります。私たちの目指すブランドデザインは、消費者はもちろん、従業員や事業関係者などを含むすべてのステークホルダーが、そのブランドを好きになるデザインを開発すること。企業がより消費者ニーズに近づき、あきらかに差別化された「ブランド」をもって市場で優位に立つこと。そして企業価値を高めることで投資対効果の最大化を図ること。それがWeBRAND[ウェブランド]のコストパフォーマンスに関する考え方です。

PRICE

いいデザインには、
そのデザインである理由がある。

workflow

本質的なデザインは、ヒラメキや直感で生まれることはありません。特にWebサイト制作ではユーザーの視点に立ち、アクセシビリティやユーザビリティに配慮したユーザーフレンドリーなサイト設計が必要不可欠です。また、企業からの一方的な押し付け、独りよがりにならないよう、「伝えたいコト」と「知りたいコト」を見つけ出し、客観的な立場と冷静な判断でのデザインが不可欠なのです。だからこそ、私たちはデザイン制作前のフェーズを重視し、情報共有から分析を経て、緻密な企画立案を行なっているのです。

※3Cとは:「市場(customer)」「競合(competitor)」「自社(company)」の頭文字のこと

Webサイト 制作ソリューション

  • PHASE01 更新管理・運用

    まずは綿密なヒアリングにて現況やご要望を伺い、目的の明確化から目標設定を行います。その上でプロジェクトチーム全員がお客様の業界、商品やサービス、特徴、そして企業が目指す方向性を共有し、ワイヤーフレーム構築後にサイト設計を行います。また、サーバ環境、情報セキュリティ体制、社内インフラなどを確認し、要件定義を行います。

  • PHASE02 取材・ライティング

    企業の想いを伝えるには「言葉」でのコミュニケーションが重要です。興味喚起から動機づけを促すキャッチコピーやリードコピーの制作、情報をより深く伝えるボディコピーの制作など、発信者が伝えたいことと、受け手が知りたいことを一致させるコピーを制作します。

  • PHASE03 デザイン制作・写真撮影

    情報が溢れる現代、ただ情報を羅列するだけでは求職者を動かすことはできません。だからこそ「だれに、何を、どのように伝えるのか」が重要なのです。奇抜さで着飾った一過性のデザインではなく、企業の想いが届き、求職者が動くデザインでなければ意味がないのです。目標の達成に向け、課題を解決するデザインをご提案します。

  • PHASE04 企画提案・要件定義

    Webサイトは公開して完了するものではなく、公開後の運用が大切です。最新情報をタイムリーに発信し、ユーザーの興味誘引を行うのはもちろんのこと、アクセス解析からデータ分析を行い、ページの追加・修正を定期的に実施するなど、サイトへの流入や滞在時間を改善する取り組みが不可欠です。

デザインを変えるより、
デザインで変えていく。

creative policy

僅かな「差」を見つけるのではなく、小さくても「違い」を見つけること。企業の情報を伝えるのではなく、企業のメッセージを伝えること。表面的なものではなく、内面的なものをデザインすること。それがパドルデザインカンパニーのクリエイティブ・ポシリーです。

ABOUT US